建物とビジネスマンのシルエット

現在非正規で雇用されている人の中には、正社員で働くことを目標にしている人もいるでしょう。では、非正規と正規雇用とでは具体的に何が違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

正社員ってなんのことを言うの?

正社員として働く人たち

正社員というのは明確な定義はありませんが、一般的には雇用期間の定めがない雇用形態のことを指すものとなっています。
正社員の一番大きな利点というのは、福利厚生が充実しているというものであったり、ボーナスが支給されるというものではなく雇用期間の定め簡単に解雇されることがないというものがあります。

日本の労働市場は劣悪な環境と呼ばれていて、それは正社員でも変わらないとされていますが、その一方で一度正規雇用をされると簡単に解雇されることがないという強力な権利も労働者が持っていることになります。
そのため、企業としては簡単に首を切ることができない正規雇用を減らして、アルバイトや派遣社員、契約社員といった形で人を雇う時代となっています。

正社員として一番大きなメリットというのは雇用の安定性にありますが、それ以外にも非正規雇用と比較をして優遇されている麺が多く、福利厚生が充実している、ボーナスが支給されるといったものがあり、賃金も長く勤めていればそれだけで上昇する職場も少なくありません。
これらは必ずしも正社員に与えられた特権ではありませんが、現実的には正社員でなければ与えられることがないケースが多いのでこのような待遇があるものを正社員だと考えている人も多いものです。
しかし、その一方でこれらの待遇は必ずしも正規雇用であれば当たり前というものでもないので、正規雇用であっても賃金は上がらない、福利厚生はない、ボーナスも支給されないという職場もあります

もうひとつ正社員としての価値として、職歴として認められるというものがあり日本では正規雇用以外の仕事の経験は職歴として認められないため、正規雇用をされればそこでどのような仕事をしていても職歴として認定されることになります。
これが現在の日本社会での、正規雇用の定義といえるものとなっています。