建物とビジネスマンのシルエット

現在非正規で雇用されている人の中には、正社員で働くことを目標にしている人もいるでしょう。では、非正規と正規雇用とでは具体的に何が違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

正社員と安心と教職員について

教職員という仕事は、多くの場合、例えば高校生の教職員であれば、四年生大学を卒業し、専門的な知識を学んだ人でなければ、就職することができない仕事です。

昨今では、このような教職員でも、正社員ではなく、アルバイトや非正規で雇いたいという国などの方針がありますが、現在では、まだ、正社員での枠が多く、また、一流の私立大学や、国立大学を出身してきた人しか、高い倍率の正社員になることは出来ないため、かなり給与面でも、社会的な地位の面でも安心できる仕事の1つです。

また、上記のような、一流私立大学や国立大学出身でない場合は、非正規社員として中学校などの講師をすることもあり、一部では非正規社員としての道もあります。

しかし、やはり正社員としての教職員は、給与も大変によく、また、4年生大学を最低でも出なければならない上に、難関な教職員の試験を突破した人でなければ、正社員になれない仕組みとなっているため、将来の安心さなどはとても高いものです。

ただ、昨今は、教育現場などが荒れ、モンスターペアレントなどの出現により、または子供のいじめが悪質になったことから、このような問題は、とても辛いものですが、一般の事務などや営業職などに比べれば、給与などは大変、待遇が良いものであり、また、親御さんからの信頼も厚い先生が多いので、安心して子供を任せられるものです。

教職員の仕事は、また、大学で学んできたことが、そのまま活かせる仕事であるため、例えば歴史であれば、そのまま歴史の授業を子供たちに、歴史の楽しさを伝えることが出来る素晴らしい職業の1つです。

また、生徒とのふれあい、会話などが好きな人であると、やりがいも面白味もとても楽しい仕事の1つとなっています。