建物とビジネスマンのシルエット

現在非正規で雇用されている人の中には、正社員で働くことを目標にしている人もいるでしょう。では、非正規と正規雇用とでは具体的に何が違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

正社員の登用と比較について

正社員の登用は、比較すると、年々と少なくなってきている傾向にあります。

これは、比較を行うと、リーマンショックが起こり、世界経済が悪化した影響を日本も煽りなどを受け、正社員の登用が、劇的に減ったということがあります。

また、政府の方針が、現在では見直されていますが、正社員で登用を行うよりも、会社にとっては、非正規社員またはアルバイト、または派遣で登用を行った方が、会社の負担金としては、かなり大きな額の違いが、利益として出てしまうため、正社員の登用を辞め、このような、派遣やアルバイトの登用のケースが圧倒的に多くなってしまった、このような背景があります。

しかし、このことは、貧困や格差を生み出し、現在の政府では問題となっているように、満足に食事もできない、教育も受けられない子供たちの家庭と、一方で、格差の勝ち組として、立派な教育及び満足な食事などを受けることが出来る子供たちとに、大きな格差が広がってしまう、実際に広がっている現実問題に直面しています。

比較すると、あまりにも貧しい家庭の場合には、母親だけの家庭であったり、その場合でも、母親が非正規の社員であり、正社員でないこと、また、正社員の登用を希望していても、会社側が利益率のために拒否する、など、様々な問題があります。

またこれらの貧困格差の問題や、経済的な比較、違いは、大きな嫉妬を職場に持ち込んでおり、正社員でも若い女性や男性は、非正規社員の男性や女性から、嫌がらせや酷いいじめを受けるなどの差別的なことが実際に起きているケースもあります。

この場合の問題点として、給与の格差が酷いことから、家庭的に貧困な家庭ほど、憎しみや嫉妬が倍増してしまい、非正規社員で結託して、いじめを行ってしまう問題となっています。